消費者金融で総量規制対象外のローンは見つかる?

消費者金融=貸金業者=総量規制対象のローン、この考え方であっているのですが消費者金融が扱うローンの中にも総量規制対象外(例外)として扱われるものがあります。
総量規制などの貸金業法は、申し込み者の保護を目的とするものです。申し込み者にメリットがあるものならその対象外として利用することができるのです。消費者金融が取り扱いをするおまとめローンや借り換えローンなら、総量規制の金額を気にせず申し込めるでしょう。
ただし消費者金融が扱うおまとめローンや借り換えローンは、様々な規制を受けなくても貸金業法に基づく商品となっています。そのため、現在の借り入れが貸金業者からでないと借り換えやおまとめとして利用することができません。利用中の銀行カードローンをまとめたり借り換えたりすることは不可能となっているのです。もちろんクレジットカードのショッピングをまとめることもできません。キャッシングならば可能です。
返済に困難を感じている方がおまとめや借り換えローンを利用することが多いと考えられていますが、金利が少しでも低いものを探したり、返済方法が便利なものを選んだりということでも借り換えやおまとめの効果は高く出るでしょう。
おまとめや借り換えローン探しには、しっかりとしたシミュレーションが必要です。何度も追加借り入れを繰り返したり、複数の借り入れとなっていたりすると、正確な借入残高を把握できていないこともあるのです。まずは、利用中のローンを見直すことから始めましょう。

安心できるキャッシングは大手消費者金融から選ぶこと

どこの消費者金融でキャッシングをするのか、それを慎重に考えていることでしょう。
安心できるキャッシングでなくてはなりません。
なぜならお金を借りるということにおいて危険はつきものだからです。
知名度の低い消費者金融は選ばないようにしましょう。なぜなら、その消費者金融が正規のものであるかどうか判断がつきづらいからです。
もちろん詳しく調べることができれば問題はありません。
日本貸金業協会や金融庁に問い合わせるという方法もあります。
そこが正規の消費者金融であることを確認できることだけが重要なのではなく、サービスにも目を向けなくてはなりません。
そこまでしてその消費者金融を使わなければならない理由はなんでしょうか。